• 〒810-0801 福岡県福岡市博多区中洲4-1-18 高瀬ビル2F
  • TEL: 092-263-3988

烏龍茶だけじゃなかった中国茶

烏龍茶だけじゃなかった中国茶 中国茶と聞くと、真っ先に烏龍茶を思い浮かべる方が多いでしょう。 緑茶は日本、紅茶はイギリスというイメージがありますが、実は中国茶の中にも緑茶や紅茶があるのです。 六大中国茶はこちらです。 緑茶 青茶 白茶 黄茶 黒茶 紅茶 の6つに大別されています。 《 緑茶 》 日本の緑茶と同様に、茶葉を全く発酵させないお茶です。日本茶に比べると、渋みが弱く、すっきりとした香りと味わいです。 《 青茶(せいちゃ) 》 中国独自の半発酵茶です。日本でも有名な烏龍茶はこちらの分類になります。すがすがしい香りと味わいです。 《 白茶(はくちゃ) 》 釜で炒ったり揉んだりせず、軽く発酵させるだけのお茶です。さわやかな香りで、甘味があるお茶です。 《 黄茶(おうちゃ) 》 わずかに発酵させた弱い後発酵茶です。さわやかな渋みと、ほのかな甘さがあります。 《 黒茶(こくちゃ) 》 微生物を発酵させた強い後発酵茶です。薬にも似た独特の香りがします。 《 紅茶 》 強発酵茶です。インドやスリランカの紅茶に比べて、苦みが少ない紅茶です。 その他、六大中国茶に加えて、花茶という中国茶もあります。お茶に花の香りを加えたお茶です。 代表的な花茶が、皆さん聞いたことのあるジャスミン茶です。緑茶をベースに、ジャスミンの花の香りが付けられています。 たくさんある中国茶の種類ですが、今回は、その全てはご紹介出来ないので、青茶に分類される烏龍茶にスポットを当てて、その魅力をお伝えしていきますね。 福岡 博多 中州 でマッサージ整体をお探しの方は中洲4丁目整体院へ 腰痛 肩こり 頭痛 首痛など関節痛は当店の整体 むくみ ダイエットにご興味のある方はオイルリンパマッサージ パーソナルトレーニングを