• 〒810-0801 福岡県福岡市博多区中洲4-1-18 高瀬ビル2F
  • TEL: 092-263-3988

お茶の特徴と効果

おいしい緑茶の入れ方 緑茶の入れ方は、皆さんご存知の通りです。 緑茶の中で一番飲まれている煎茶は、茶葉を急須に入れてお湯を入れて、それを湯呑に注ぎます。 誰でも簡単に入れられるお茶ですが、実はお茶の質によって、お湯の温度や抽出時間を変えた方が良いのです。 ・一般的な緑茶 80℃から90℃のやや高温のお湯で約1分 ・上級な緑茶 50℃から70℃の低温のお湯で約2分 旨み成分であるテアニンを多く抽出するためには、低い温度である必要があります。そして、渋み成分であるカテキンは、高い温度で抽出されるので、上級な緑茶は低いお湯で入れた方が良いのです。 新茶は特別においしい! 新茶はテアニンなどのうまみ成分がたくさん含まれているので、香りが良く一番おいしいのです。 さらに、立春から88日目の八十八夜に摘み取られた新茶を飲むと、長生き出来ると言われています。 福岡市 博多区 中州 で肩こり 腰痛でお悩みの方 ぜひ当店の 整体をお試しください。 ダイエットに興味がある方は小顔矯正 オイルリンパマッサージ パーソナルトレーニングをどうぞ